ゲーミングマウスパッド
PR

VAXEE PA BlackとPA Pcuteの違いについて①

Neu
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

Vaxee PA BlackとVaxee PA Pcuteについて、記事を二本に分けて定量・比較レビューする。

一本目の本稿は、導入とファーストインプレッションまで言及することにする。核心たる定量レビューの内容は二本目の記事にて言及する。

VAXEE PA BlackとPA Pcuteの違いについて②
VAXEE PA BlackとPA Pcuteの違いについて②

Compare

Vaxee

PA Black

総合評価(S-E 6段階評価)

A (2023/12/10)

滑走速度のタイプ

バランスに分類

表面硬度ランク

MIDに分類

表面

クロスファイバー

ベース

高密度フラットラバー

サイズ

470×390×3.5 mm

昇華熱式印刷

なし

販売価格 3,820円~

with

Vaxee

PA Pcute

総合評価(A-E 5段階評価)

A (2023/12/10)

滑走速度のタイプ

バランス に分類

表面硬度ランク

MIDに分類

表面

クロスファイバー

ベース

高密度フラットラバー

サイズ

470×390×3.5 mm

昇華熱式印刷

あり

販売価格 3,920円~

製品・メーカーについて

Vaxee PAシリーズは、Vaxeeから2022年5月に発売されたゲーミングマウスパッドである。

同シリーズは、様々なゲームタイトルにおいてプロアマ問わず、使っていないプレイヤーはいないほど愛されている。

2023年現在、Vaxee PAシリーズは常設ラインナップのPA OUTSET、PA ZYGENや、夏冬にクリエイターからデザイン公募するPA WinterやPA Summerなどのフルグラフィックプリントが施されたPAと、PAから昇華熱式印刷を省いたPA Blackの2種類が存在する。

今回は、Vaxee PA BlackとWinter 23デザイン公募で総投票数4,225票で、1位を獲得したPA Pcuteを測定したデータに基づいて比較レビューする。そして、愛されている理由を詳らかにしていく。

投票結果発表- “WINTER23” デザイン公募
投票結果発表- “WINTER23” デザイン公募
画像1:PA PcuteとPA Black

バリエーションと販売価格

2023年12月現在のバリエーションと価格は以下の通り。

  • PAシリーズ常設商品:Black、ZYGEN、OUTSET、O22、B22、P22、Y22 (470×390×3.5mm)のスタンダードとカスタムID
  • PA Mシリーズ常設商品:ZYGEN、OUTSET (380×262×3.5mm)
  • PAシリーズ限定商品:各年ごとのSummerシリーズ、WinterシリーズのスタンダードとカスタムID
  • スタンダード:Vaxee PA Blackは3,820円、Vaxee PA Pcuteは3,920円
  • カスタムID:PA Pcuteは、5,090円

製品仕様・スペック

PA BlackとPA Pcuteの仕様において、大きな違いはインクが載っているかいないか。インクが印刷されていないPA Blackは、滑りを一部軽減し、よりコントロールしやすくなっているとVaxeeは謳っている。

スペックテーブルPA BlackPA Pcute
昇華熱方式印刷なしあり
表面クロスファイバー
ベース高密度フラットラバー
サイズ470×390×3.5 mm
表1:製品仕様とスペックテーブル

梱包状態・巻き癖

画像の通り、四角柱の箱にマウスパッド本体はロールされている。

画像2:PA PcuteとPA Blackの箱

PA Pcuteの巻き癖

昇華転写プリントが施されているPA Pcuteは、箱から出した直後にも関わらず、巻き癖は非常に弱い。

ベースの写真を撮る際に文鎮を使用しなくても、フラットな写真が撮れたことがその証拠である。

画像3:PA Pcute 表俯瞰
画像4:PA Pcute 裏俯瞰

PA Blackの巻き癖

PA Blackは、プリントなしの加熱加圧されない、いわゆる生の状態である。

ベース写真を撮るにあたって文鎮を使用しなければフラットな状態を維持できなかったことが下の添付画像で分かるように、他のPAシリーズよりも巻き癖が強い。しかし、時間経過で慣らしていけばフラットな状態に近づいていくので、過度な心配は無用である。

画像5:PA Black 表俯瞰
画像6:PA Black 裏俯瞰

デザイン

Vaxee PAシリーズに施されているフルグラフィックプリントは、PA Pcuteのような色鮮やかなデザインでも、非常に美しくにプリントされている。

百聞は一見に如かず。気になる方はぜひ手に取っていただきたい。これだけ鮮やかにマウスパッドにプリントできる技術は、なかなか存在しない。

一方、PA Blackはシンプルなブラック基調のマウスパッド。Vaxeeロゴをマウスパッド右上の端に配置することで使用シーンに影響のないように配慮されている点が細かい。

画像7:PA PcuteとPA Black 表俯瞰
画像8:PA Black ロゴアップ

サイズ

PA BlackおよびPA Pcuteともに、470×390×3.5 mmである。一般的にラージサイズに分類される大きさ。あなたが極端な低感度設定でない限り、様々なゲームシーンに対応できる面積を確保している。

ステッチの有無・パイピングの質

Vaxee PAシリーズは、画像の通りステッチやパイピングの類は施されていない。

故に使用頻度・環境などによっては、手首や腕が擦れる箇所において、表面とベースが剥離する可能性は否めない。

PA Pcute

画像9:PA Pcute エッジアップ
画像10:PA Pcute 裏エッジアップ

PA Black

画像11:PA Black エッジアップ
画像12:PA Black 裏エッジアップ

ベース

ベースは、高密度フラットラバーを採用していると謳っている。

結論として、ベースの防滑性については一切申し分ない。

筆者の環境(Flexispotメラミン化粧板ブラック天板・IKEAメラミン仕上げ天板トロッテン・無印良品デスク天板オーク材・無印良品パイン材テーブル)では、マウスの移動方向に追従して初期位置からずれることがない。プロシーンで様々な選手が採用するだけあって、ゲーミンググレードたる満足のいく防滑性能を持ち合わせてる。

画像13:PA Black Base 1x Zoom
画像14:PA Pcute Base 1x Zoom

表面の質感

PA BlackおよびPA Pcuteともに、表面はクロスファイバーであると謳っている。クロスファイバーとは、複数の異なる糸や繊維が交差することによって作られた生地である。手触りはさらさらとした触感である。

筆者は常日頃からPulsar製 ES eSports Arm Sleeveを好んで装着しているが、同Arm Sleeveと相性は良好で、XY軸問わずArm Sleeveとマウスパッドが引っ掛かるなどの問題は発生しなかった。

顕微鏡で表面組織の拡大写真を見る限りでは、PA Blackは何の処理も施されていない生の状態であるのに対し、PA Pcuteはインクを定着させるために昇華熱方式印刷が施されているため、PA Blackと比較して繊維一束一束が若干縮んでいる上に、アイロンプレスされた影響でPA Pcuteのほうが生地が寝ている。

画像15:PA Black Surface 2x Zoom
画像16:PA Pcute Surface 2x Zoom

ファーストインプレッション

筆者の主観に基づく、ファーストインプレッションとして、PA BlackはVaxeeがアナウンスしているとおり、静止状態からマウスを動かした“初動”の最大静摩擦力はPAシリーズよりも大きく感じた。

移動中のマウスを反転させた際の“切り返し”の最大静摩擦力は、PA BlackとPA Pcuteとで決定的に違うように感じる。“動摩擦力”はPA BlackもPAシリーズもほとんど変わりがないように感じる。

X軸・Y軸・斜めごとの最大静摩擦力・動摩擦力・標準偏差・スティックスリップ、硬度とその分散とランクなどの定量レビューは、12月13日までに投稿する二本目の記事で行う。

VAXEE PA BlackとPA Pcuteの違いについて②
VAXEE PA BlackとPA Pcuteの違いについて②

PA BlackとPA Pcuteの手触りは共にさらさらとしているが、PA Blackのほうが昇華熱式印刷の手順を踏んでいない分アイロンされていないので、PA Pcuteよりも指先に感じる表面組織の凸凹は多い。

ベースの滑り止めは、ゲーミンググレードたる性能を十分持ち合わせており、非のうちどころがない。

2023年時点で、布製ゲーミングマウスパッドの価格帯が6,000円から9,000円弱へと、徐々に上昇していく中、PA BlackとPA Pcuteの売価は送料別で3,820円から3,920円で設定されているので、安価で入手し易い。

先に定量レビューの情報を小出しすると、両マウスパッドの硬度は全くと断言して良いほどばらつきがない。マウスパッドの表面と裏面に仮想の座標平面を描き、第一象限から第四象限で4か所に分割して、その象限ごとに10回を2セット計80回ずつ測定して得られたデータから標準偏差と分散をとった結果がそれを裏付けている。

PA BlackとPA Pcuteでマウスを滑らせても、中途半端な出来のゲーミングマウスパッドで感じる不快なハンプや凹みは、全く存在しない。そしてもう一点、PA BlackとPA Pcuteは最大静摩擦力において決定的に違う。

二本目の定量レビュー記事を前にして、このPA BlackとPA PctueをはじめとしたPAシリーズがプロアマ問わずあらゆるシーンで愛される要素のその片鱗を垣間見た。

Vaxee

PA Black

販売価格 3,820円~

Vaxee

PA Pcute

販売価格 3,920円~

記事URLをコピーしました